about MILK/牛乳をもっと知る

  • アイ・ミルク北陸牛乳工場見学
  • 牛乳のパワー
  • 牛乳Q&A

牛乳をもっと知る/about MILK

牛乳博士が答える、牛乳Q&A(牛乳に関するみなさんからの質問に答えます)

牛乳にはどんな種類があるの?

市販されている牛乳類は[種類別]に分類され、使用原材料からみると次のようになります。

生乳 牛から搾ったままの乳
牛乳 成分無調整で、水などを加えることは法令で一切禁じられています。
成分調整牛乳 生乳から水分、乳脂肪分、ミネラルなど乳成分の一部を除去し、成分を調整したもの。
低脂肪乳 生乳から乳脂肪分を除去し、低脂肪(0.5%以上1.5%以下)にしたもの。
無脂肪牛乳 生乳から乳脂肪分を除去し、無脂肪(0.5%未満)にしたもの。
質問一覧へ戻る

牛乳にはどのような栄養があるの?

牛乳には、たんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、ビタミンA・B 2 などが、バランスよく含まれています。

たんぱく質 必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質のたんぱく質です。
カルシウム 牛乳中のカルシウムはたんぱく質や乳糖の作用で、大変吸収がよいのです。
ビタミンA 皮膚や粘膜を健康に保ち、風邪などの病気に対する抵抗力を強めます。
ビタミンB2 体の働きを調節します。特に成長期には必要なビタミンです。
質問一覧へ戻る

牛乳に表示してある無脂乳固形分って何?

牛乳中の水分と乳脂肪分以外のもの。たんぱく質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなどをいいます。

牛乳の成分
質問一覧へ戻る

コーヒーや砂糖を入れたり、温めると、牛乳のカルシウムは壊れてしまうの?

いいえ、カルシウムが壊れたり、吸収が悪くなることはありません。
また、カルシウム以外のたんぱく質、ビタミンA・B2などの栄養素も損なわれることはありません。

質問一覧へ戻る

低脂肪タイプのものは普通の牛乳より栄養が少ないの?

牛乳よりエネルギーは少ないですが、たんぱく質やカルシウムなどの無脂乳固形分は、牛乳と同じかそれ以上含まれます。容器に「低脂肪」 と表示してあるものには、低脂肪牛乳、加工乳、乳飲料などがあります。

牛乳の栄養分
質問一覧へ戻る

低温殺菌牛乳がよいって本当?

どのような殺菌方法でも、牛乳の栄養には差がありません。 市販されている牛乳の9割以上は超高温瞬間殺菌(120 〜 130℃、2 〜 3 秒間)ですが、それにより、たんぱく質やカルシウムなどの栄養が減ってしまうことも、吸収が悪くなってしまうこともありません。 超高温瞬間殺菌によって一部のたんぱく質は変性しますが、これは生卵をゆで卵にするのと同じことなので、たんぱく質の状態は変わっても栄養は変わらないのです。 殺菌温度が高いほど殺菌効果がよくなりますので、超高温瞬間殺菌の方が低温殺菌よりも日もちします。

質問一覧へ戻る

3.8牛乳の“3.8”とはどういう意味?

乳脂肪の割合を示したもので、 3.8%以上含まれていることを表しています。

牛乳の表示
質問一覧へ戻る

牛乳の賞味期限って?

「賞味期限」とは、10℃以下で冷蔵保存(常温保存可能品は常温保存)した場合の未開封の状態で、安心しておいしく飲める期限の目安です。開封すると「賞味期限」の日付は無効です。期限にかかわらず、なるべく早く飲んでください。

牛乳の消費期限
質問一覧へ戻る